FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

節約なんて、簡単なこと

昨日、節約と貯蓄が大事という話を書きました。
多くの方が「うんうん、そうだろうな」と思われました。

しかし、実際に行動に移された方は、どれぐらいおられたのでしょう?
不労所得を得るためには、色んな努力が必要です。
そのためには、すぐに行動することが大事です。

昨日の記事を読んで、納得された方、具体的に行動されましたか?

例えば、TVを点けると、生命保険や損害保険のCMが山のように流れています。
ネットで検索すれば、保険料を比較できるサイトも、山のようにあります。
それを見て、実際に自分の生命保険や自動車保険を見直されましたか?

ソフトバンクが、自社携帯間の通話料、メールを無料にしました。
ウィルコムでも、自社端末間の通話料無料は、以前から行っています。

電話代が安くなるサービスのCMも頻繁に見ます。
電気料金、ガス料金も、安くなるプランがあります。

ランチを我慢するだけが、節約ではありません。
欲しいものを我慢することだけが、節約ではありません。

今の生活でも、契約を見直すだけで節約できることは、いくらでもあります。
生活水準を変えるのは、簡単にはできません。
だからこそ、収入を増やす前に、節約する生活を心がけて下さい。
それが昨日書いたことです。

今の生活水準を変えることなく、節約できることは、いくらでもあるはずです。
難しいことではありません。

これまでにも書いたことです。
不労所得を得ること、資産を作ることは、努力すれば誰にでもできることです。
やるかやらないかです。
まずは行動して下さい。
スポンサーサイト

2006年10月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

節約と貯蓄

不労所得を得るためには、まず節約と貯蓄をしなさい、という話をします。

友人たちから「どうやったら、お前のようにセミリタイアできるんだ」と聞かれるからです。
これに節約と貯蓄だと言っても、すぐには納得してもらえません。
「わずかづつ節約や貯蓄しても、十分貯まるまでに何年かかるんだ」というわけです。

誰もコツコツ貯めるだけで、億万長者になれるなんて言ってません。
あくまでも、最初のステップとして必要なのです。

最終的に不労所得を得るのが目的であれば、その前の段階は「投資でお金を増やす」です。
その前の段階は「投資に向けるお金を貯める」です。
さらに前の段階は「今よりも収入を増やす」です。

この収入を増やす段階では、いくつかの方法があります。
(1)今の会社で必死に働いて、給与を上げる
(2)より給与の高い仕事に転職する
(3)給与収入以外の収入を作る
どれも簡単ではありませんが、努力すれば何とかなります。

重要なのは、この段階で生活レベルを上げない、ということです。
収入が増えても、支出が増えれば、結局残る額は同じです。

昔を振り返って「あの頃は収入が少なかったのに、よく生活していたな」という人がいます。
そんなに無駄遣いはしていないが、今から昔の収入に戻れと言われても無理だ。
そんな気持ちが隠れています。

長い間デフレに苦しんだ日本で、物価が大きく上昇したわけではありません。
その人の生活レベルが上がっただけです。

逆にリストラにあって、生活が苦しくなった人もいます。
それでも何とかやりくりをして、ちゃんと生活できている人も大勢いるのです。

最初の段階で、収入を増やす前に、生活レベルを上げない準備をしておく必要があります。
それが「今の生活費を節約し、収入の一部を貯蓄する」という段階です。
これがスタートになります。

不労所得を得て、悠々生活を送りたいと思っているのに、ずいぶんケチ臭い話だと思われますか?
繰り返し書いていますが、不労所得を得るとか、億万長者になるというのは、誰にでもできることです。
問題は、当たり前のことを、当たり前にできるかどうかです。
それができる人であれば、億万長者になって不労所得で生活するなんて、極めて簡単なことです。

2006年10月25日 不労所得 トラックバック:1 コメント:0

私自身の不労所得の具体的な中身

今日は私自身のことについて、少しだけ書いてみようと思います。

私は現在、収益不動産からの家賃を主な収入源として生計を立てています。
そんな私が、初めて買った収益不動産は、木造2階建てのワンルームマンションでした。

前のオーナーさんから、約3000万円で譲ってもらいました。
ワンルームが8戸で、平均賃料が4万円/月なので、30万円/月ほどの家賃収入があります。
(40000円×8戸=320000円ですが、管理会社に20000円/月で家賃回収と掃除を頼んでます)

このマンションを購入したのが、約2年前です。
地価が底を打って、ようやく上向くかどうかと言われた時期です。
残念ながら都心部ではないため、路線価は今もわずかですが下がっています。

購入した当時、私自身は賃貸マンションに住んでいました。
3LDKで家賃は共益費込みで14万円でした。
他に駐車場代として、25000円/月支払っていました。

住んでいたマンションは、快速電車も停まるJRの駅に隣接しており、スーパーやコンビニなども近く、とても便利で気に入っていました。
その後、ペットを飼うため、ペット可のマンションに引っ越しましたが、少し広くなって18万円の家賃でした。

この引っ越したマンションは、町の中心部にあるデザイナーズマンションで、非常に人気があると不動産屋に言われました。
その不動産屋からは「人気のあるマンションですし、都心部にあるため、資産価値もほとんど下がりませんよ。どうでしょう、思い切って購入されては?」と勧められました。
中古物件でしたが、提示を受けた価格は、約3500万円でした。
「将来引越しをされる場合は、人に貸すこともできますよ。人気があるところなので、借り手はすぐに見つかります」とのことでした。
ほとんど検討することもなく、そのマンションには賃貸で住むことにしました。

最初に買ったマンション一棟は、3000万円ほどでしたが、全て自己資金で買いました。
それだけの資金が、手許にあったからです。
引越しをする際に、購入を勧められた時には、自己資金で買うだけの余裕はありませんでした。
しかし、余裕資金があったとしても、そのマンションは買わなかっただろうと思います。


たまたま手許に資金があり、同時に両方の話があったとしたらどうでしょう。
それでも収益マンションを購入して、自分は賃貸で住むことにしただろうと思います。


考えるまでもありません。
自己資金を使って、毎月30万円の収入を得るか、毎月18万円の家賃支払いをなくすかの比較です。
誰でも同じ選択をするでしょう。
家賃を18万円づつ支払っても、まだ手許には12万円残るからです。

しかし、多くの方が同じように考えられないのは、手許に自己資金がないからです。
住宅ローンなら組めても、収益不動産を購入するためのローンは組めないからです。
だから収益マンションを購入するという選択肢自体が、与えられないのです。

では、どうすれば良いか?
自己資金を貯めるしかありません。
もちろん簡単なことではありません。
しかし、私にもできたのです。
あなたにだって、不可能なことではありません。

何も明日、来月に用意するという話ではありません。
長期での話です。
但し、株式投資では、1年以上株を保有することを、長期保有と言います。
長期というのは、一年以上先であれば、全て当てはまるのです。
あなたにとっての長期は何年後ですか?
何年後でも構いませんが、スタートしなければゴールにはたどりつけません。
少しづつであっても、貯蓄を始めるというのは大事なことです。

2006年10月24日 不労所得 トラックバック:0 コメント:0

最初の一歩

不労所得を得るまでの道程は、非常に遠く険しいものです。
しかし、それを通ってきた者にとっては、意外と近く楽な道だったように思えます。

何ごとでもそうですが、徐々に加速がつくものです。
そのため、最初のうちは、こんなペースでゴールにたどり着けるんだろうか、と思ってしまいます。
あせらず、正しい道を選択して、正しく努力すれば、必ず報われます。

では、不労所得を得るために、まず何をすれば良いのでしょうか。
不労所得を得て、それで生活ができるレベルをゴールとすれば、まずどちらに向いてスタートするのが、正しい道なのでしょうか。

まずは、種銭を貯めることです。
一気に不労所得にはなりません。
少しづつ貯めたお金を、運用で増やし、お金がお金を生む仕組みを作ることで、不労所得となります。
まず最初は、運用で増やすための、種になるお金を貯めなければなりません。

そのために、まず取り組まねばならないのが『節約』です。
言うまでもありませんが、お金は使わなければ貯まります。
まずは何よりも、節約と貯金です。

お金持ちは、本当はあまりお金を使いません。
私が知っている人も、毎月500万円以上の不労所得がありますが、新幹線に乗るときにも、グリーン車を使いません。
日々の楽しみは、近所の居酒屋で友人たちと飲むことです。
もちろん支払いは、割り勘です。

よく(収入)-(支出)=(貯蓄分)だと思っている人がいます。
本当は(収入)-(貯蓄)=(支出分)です。
まず収入から、貯蓄すべき分を差し引いて、残りで生活できるよう設計しなければなりません。

言葉にするほど簡単なことではありません。
しかし、これを肝に銘じて、常に意識しなければ、不労所得への道を歩めません。
そこまでして、億万長者を目指したくない、不労所得を得たいと思わない。
それなら、それで構わないでしょう。
いづれにしても、選択するのは自分です。
当たり前のことを当たり前に実行できる人だけが、当たり前に成功するのです。

2006年10月18日 不労所得 トラックバック:0 コメント:0

不労所得を得る方法(1)

こんな方法はどうでしょう?

一番大きく儲ける方法は、おそらくIPOだろうと思います。
自分で起業して、その会社を上場させる。
能力のある人にとって、大きな資産を築く一番良い方法でしょう。

そんな能力はないという方には、そういう会社に入って、上場時に持ち株会で株を買っておき、上場後に売却するという方法はいかがでしょう。
オーナーほど大きな資産は築けませんが、社員でも一億円を超えるキャピタルゲインを得る人は少なくありません。

上場企業に入社するのは、今でも狭き門ですが、中小企業は人手不足になりつつあります。
景気が回復傾向にあり、中小企業では人材採用が難しくなっています。
今がチャンスではないでしょうか。

では、上場しそうな優良な企業を如何に見つけるか?
若手経営者の会とか、経営セミナーとか、そういう勉強会に参加するのが良いかもしれません。
自社を上場させるような優秀な社長は、一目見ればわかります。
他の社長たちと、オーラが違います。
その人が、一言話すだけで、引き込まれるだけの魅力があります。
そういう社長を見つけたら、熱烈なアピールをして、その会社に入社しましょう。

景気が回復しつつある今だからこそ、非常に有効な方法だと思いますよ。

ひとつ付け加えておくと、上場前の企業は、非常に忙しいということです。
利益を出すために、安い給料で我慢する必要があるかもしれません。
そんな覚悟ができるのであれば、普通の人でも大きな資産を築くことができるでしょう。

2006年10月15日 不労所得 トラックバック:0 コメント:0

私自身のことについて

最初ですので、少しだけ自己紹介させて下さい。

名前の通り、ほぼ不労所得で生活しております。

具体的な中身は、収益不動産による賃貸収入がもっとも大きく、他に投資、ネットビジネス、リアルビジネスからの収入です。

このうち不労所得と呼べるのは、賃貸収入ぐらいでしょうか。

投資も一部は海外の銀行に高金利で預けておりますので、ほとんど何も手をかけていません。

これも不労所得と呼べるのでしょうが、現在はごくわずかなので、そもそも収入と呼べるかどうか。(笑)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1 どうやって不労所得を得るか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

簡単に書くと、頑張って種銭を作って、投資で増やして、収益不動産を買いました。

世の中には、アフィリエイトやMLMで楽々大儲け、なんて煽る人がいますが、どうでしょう。

正直、私は、それらが不労所得になるとは思いません。

本気で頑張らないと、大きく儲けるのは無理だと思ってます。

でも、それで稼いだものを元手に、形を変えていくことで、不労所得にするのは可能です。


皆さんが頑張って収入を得る努力をされていること。

おそらく、そのままの延長線上には、不労所得はありません。

しかし、それを上手くステップアップさせて行けば、不労所得につながります。

そのステップアップの方法について、これからメルマガの中で説明して参ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2 不労所得で生活するということ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名前の通り、私はセミリタイアして、ほぼ不労所得で生活しています。

不労所得を得るために、複数の収益不動産を持っています。

その総額は億単位になります。

でも、自分の生活を振り返っても、億万長者らしい生活はしていません。

フェラーリにも乗ってませんし、六本木ヒルズにも住んでいませんし、毎日フルコースディナーも食べていません。

時計はロレックスじゃないし、洋服もアルマーニではありません。

ごくごく普通の生活です。

でも、あくせく働く必要はありませんし、それで将来に対する不安もほとんどありません。


みなさんが求めるものは何でしょう?

不労所得による悠々とした暮らしでしょうか?

あるいは、鬼のように稼いで、贅沢に暮らすことでしょうか?

後者であれば、かなり頑張って下さい。

メチャクチャ大変です。

毎年一億円を稼ぐぐらいの勢いでないと実現できません。

それを達成する一番良い方法は、自分で会社を立ち上げて、それを上場させることです。

運良くミクシィのように上場できれば、創業者であるあなたは、相当の資産を得ることができます。


でも、日本には300万もの会社があって、上場しているのは1千社程度です。

確率で言えば、0.00003%です。

とても不労所得で悠々生活どころではありません。

人の何倍も努力しなけりゃ到達できないレベルです。


これが無理だとは言いませんが、メルマガを読んで達成できるような甘いものでもありません。

本メルマガでは、そんな高い目標は目指しません。(笑)

とりあえず、資産1億円を運用して、毎月数十万円の不労所得を目指します。

これだって大きな目標ですが、決して不可能だとは思いません。

ぜひ不労所得を得て、悠々生活を手に入れて下さい。

2006年10月13日 不労所得 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。