FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

速読のノウハウ

昨日はインプットを増やすことで、アウトプットを増やそうという話を書きました。
私は、雑誌や新聞などを除いても、書籍代に20万円/月ほど使います。
みなさんに、同じぐらい本を買いましょうと言っても、お金の問題以上に買った本を読めるか否かの問題があります。
毎月20万円程度、本代に支出できるだけの小遣いがあったとしても、買った本を読めなければ意味がありません。

そこでインプットを増やすために、いろんな工夫をすることになるのですが、すぐに思いつくのが、速読ではないでしょうか。

速読に関する書籍も、何冊も出版されています。
書店に行くと、速読だけでコーナーが作られていることもあります。

多くの速読本には、まず音読をやめようと書かれています。
本を読むときに、実際には声を出していなくても、心の中で無意識のうちに音読している人がほとんどです。
本を読んでいるときに、自然と口元が動いている人もいます。
速読をするには、そうしたクセを抑えなさいと書かれています。

実際には、これを意識することで、心の中での音読をやめることもできます。
心の中での音読をやめることで、それ以上の速読訓練をしなくても、普通の人の2~3倍の速度で本を読むことが可能です。
私も普段、本を読むのは、2000文字/分程度のスピードです。
速読の訓練を受けたこともあって、その倍程度の速度で読むこともできますが、かなりの集中力を必要としますので、普段はそこまでのスピードでは読みません。

普通の人が本を読むスピードは、600~700文字/分だそうです。
これが倍になるだけで、本1冊が2時間程度で読めるようになります。

ということで、誰にでもできる、簡易的な速読法を解説したいと思います。
明日からの更新をお楽しみに。
スポンサーサイト

2006年11月12日 不労所得 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。